葬儀とトイレの関係性

葬儀会社はトイレで選ぶ

葬儀会社はトイレで選ぶ お葬式に参列する際、特に高齢者の方であれば、その葬儀会場となるホールに、トイレがあるか、どこにあるのか、どのような機能をもっているのか、トイレに関することで気になる点は多々あると思われます。昨今は、どこの葬儀会場でも多目的トイレが設置されており、車いすのお客さまでも、そう困ることはありません。

現在、顧客数を増やそうとする葬儀会社が、特に力を入れているのが全館全室バリアフリー、多目的トイレではないでしょうか。日本が抱える深刻な社会問題と言えば、高齢者社会が挙げられますが、その問題に直面しているのは、葬儀会社であると言っても過言ではありません。

現在、日本全国各地で増えているものの一つに、葬儀会社があります。高齢者社会を見通しての事業展開ですが、顧客拡大にもっとも影響を与えるのが、トイレ事情になります。年齢を重ねれば、どなたも足、腰に痛みが発生し、トイレに行くのも一苦労です。そんな時、バリアフリー化されたホール内に、手すりが付いた多目的トイレがあれば、車いすのお客さまでも安心して利用することができます。また、赤ちゃんを連れたお客さまも、赤ちゃんを安心して寝かせるベッドがあれば、赤ちゃんと一緒に入ることができるため、預ける人を探す手間も省けます。

そこで葬儀会社は、快適に使用してほしい、どなたでも安心して使ってほしいとの気持ちからホール内をバリアフリー化し、通常のものから多目的タイプへと変更しております。

しかも、ひと昔前までは、お葬式が始まるまで待機していた控え室にも、多目的タイプが設置される時代となっております。控え室は、畳敷きの和室が一般的でしたが、現在は、車いすのお客さまでもそのまま入室し、軽い食事や飲み物が飲めるテーブル、足が伸ばせるソファも設置されております。

ちなみに、多目的トイレとは、高齢者の方々のための手すり、突発的なトラブルにも迅速に対応できる安心コール等の設置、赤ちゃんを連れた方のために赤ちゃんを寝かせられる赤ちゃん用ベッド等、様々なシーンに活用できる装備が備わっているトイレのことを言います。

設置場所に関しても、ホール正面からすぐ分かるよう、案内プレートを設置し、また、その場所までの動線を細かく指示する案内板を設置する等、細やかなサービスを行われております。トイレに不安がある方は、バリアフリー化、多目的タイプが設置されているホールを選ぶことをおすすめします。

お知らせ